はあぶやルリちゃんの日常生活の紹介です!


by habuya-ruriko
工業デザイナー 喜多俊之さんの記事を読んでいて、なるほど!と。

同じ敗戦国でも、日本より貧しいと思っていたイタリアが、120平方メートルの家が平均で、家具や

インテリアのデザインセンスの良さにびっくりされたと。

ひるがえって日本は?

あまりにも家が狭い、家具拒む狭い家。

豊かな暮しの土台は住宅。

だが、日本では、暮しの復興が充分ではなかったので、一生働いてやっと手に入る小さな家は、

物を詰め込む納戸になっているとか。

幸い、建坪100の比較的広い家を発見して、住んでみて、、、それからの我々の暮しは以前とは

比べ物にならないほど豊かになった。

お金はなくても、豊かになれるんだ! そう実感することができたから。

広い家に住んで、好きなことを見つけさえすれば、真の豊かさに出会える。

以前新興住宅地に住んでいた頃、一日中家の中に居ることが出来なかった。

それで買い物に行ったり、レストランやカフェに行ったりで、、、お金を使った!

今は、1週間でも、退屈することなしに、家に留まっていられる、時々、家の周りを散歩してはいるが。

韓国もイタリアに学び、80年代に住宅を整備したとか、国の狭さが今日の日本の住宅事情の因とは

いえないのかもしれない。

不況打破するには、住環境をもっと良いものにすれば、、

4LDKの家に住んでいた頃、「本当に日本の家は狭いですねー! まるでウサギの小屋みたい!」と

訊ねてきた外国人に言われた。

日本は狭いから、と、ぶつぶつ言っていたが、、、その気になれば、、、

それでイタリアやアメリカ、フランスの住宅事情をこの目で見てきて、体験して、、、、

その気になったおかげで、お金は無いけれど、今は豊かな暮しを営んでいる、、かな?
[PR]
# by habuya-ruriko | 2009-02-20 12:21 | Comments(0)

アルペンスキー

2009年度のアルペンスキー国際大会を見ていて、つい夢中になってしまう。

スキーで知り合った今の夫、だから二人とも、スーパー大回転だとか、滑降だとかを見ていると、

自分達までが滑っているような気がしてきて、、、右に左に身体を動かしてしまう。

男子回転で優勝したプランガーは、オーストリア人。

他の選手達、フランス、カナダ、ドイツ、スウェーデン、、、

インドやタイ、インドネシアなどの選手は居ないなー。

スキーに夢中になった時期もあって、夫のボーナスつぎこんで、夫に出世なんてするな!それより

有休とってスキーに行こう!なんてやってる時期もあったなー。

周りの人達からいろいろけなされたけど、スキーにも熱中出来て良かったかな、と思う。

なにがいいかというと、とにかく滑降している選手達の気持がちょっと理解できるから。

すっごい、本当にすごーい!と夫と楽しくいつまでも語っていられるから。

スキーだけは子供達といつも一緒だったから、いつか一緒にテレビみても、共感できるかな、と。

夫とこれからの目標の一つが、フランスやカナダのスキー場で、滑って、そしてワイングラスでカンパイ

すること。

目標が持てるのは、回り道をしたおかげ、ムダにお金は使わなかった、そう思う。
[PR]
# by habuya-ruriko | 2009-02-19 14:57 | Comments(0)
分島花音さんのチェロをテレビで見ていて、カンザスに住む孫娘を想いだした。

花音さんは、3歳からチェロを始められたとか、我が孫は、ちょっと遅いが、それでも現在チェロを練習中。

先日送られてきた写真に、彼女のチェロを弾いている姿があった。

今どんな曲練習しているのかな?

今度会う時には、私のリコーダーと合わせてもらって、発表会が出来たらいいなー!

一曲さえ、まともに吹ききれていない現状ではあるが、「グランマと孫」の演奏会、実現に向けてガンバロー。

1050円で買えた譜面台が横にある。

これがすごく便利!

老眼と強い近眼の眼には、たのもしい道具だ。

前よりもっと楽しくなった、リコーダー練習。

均一な音で、そこに変化を入れて、そんな音を創っていきたいなー、出来るかな? いや、出来ると思う!
[PR]
# by habuya-ruriko | 2009-02-18 13:52 | Comments(0)

お金と時間

昨日、久しぶりに夫の畑に寄ってみた。

3ヶ所ある夫の畑のうち、一番遠くにあるので、めったに行かなかった。

その変化に驚いた。

道具入れ兼肥料小屋が出来ていた。

有機飼料で育てられている鶏の糞が、小屋の中に積み上げられていた。

台所から出る生ゴミや枯葉、落ち葉で堆肥を作って、こつこつ創り上げている彼の畑、

素晴らしいものになっていた。

かなり気の強い妻を持っている反動か、大人しい彼、だが、その畑を見たとたん、本当に強い人

なんだーと改めて思った。

お金、お金とやっていると、いつのまにか大切な時間がなくなる。

心は険しくなるばかり、、、お金でなにもかも買えるような気になってきて、、、

本当に味気ない人間になってしまう。

いまだローン返済残り9年と11ヶ月!なんてやっていて、心が時々険しくなるけれど、彼の畑を

訪れてよかった、ほっとした。

ちんげんさい、小松菜、レタス、コールラビ、きゃべつ、大根、、、たくさん抱えて帰路についた。

甘くてうまい野菜達に感謝しながらの食事、二人とも元気、これ以上の幸せはない。

一昨日、テレビで高齢の男性、亡くなった奥さんの写真を眺めて、「世界で一番好きな女性

だった!」と。

本音トークが出来る彼の笑顔に魅了されてしまった。

息子さん、お嫁さん、お孫さん、ご近所さん、その中で楽しそうに語る彼。

やはり愛する人と時を共に過ごす、これが「幸せ」なのかもしれない。

本当に必要なものかどうかわからないもののために、お金を稼いではならない。

限られている「時間」が削られてしまうからだ。

「私は、世界で一番好きな女性?」とからかってみたら、、、驚いた。

「そうだよ!一番好きだよ」

これには感動した。

ウッソーと思っても、本当にウソだとしても、、、やっぱり心から嬉しかった、私も女性なんだ!
[PR]
# by habuya-ruriko | 2009-02-17 11:49 | Comments(0)

お金

世界に通用する絵本を描きたい、それが目標の一つ。

それには、やはり、今までとは違った視点が必要かな?と。

それには、旅もして、発見して、、、

そのためには、やはりなにがしかのお金が必要だ。

人は今、何を欲しているのだろう。

これがわかれば、最後にお金が回ってくると、どなたか言ってたような。

「おすそわけビジネス」と称して、自家製のハーブティーやハーブソルトを作って売ったおかげ

で、これまでローン返済してこれて、なんとなくセーフってところ。

人が必要とするものを作って売れば、お金が入る、経験上、わかった。

今年は、心機一転、新しいものにチャレンジしてみよう!

インターネットで世界がこんなに狭く感じられる昨今、これまでと全く異なる時代がやって来るだ

ろう。

大学一つとっても、同じ建物の中に皆が集まって、学習する必要はなくなるかもしれない。

ネット大学ってものが出来れば、自宅にいて、ハーバードの講義を受けられるかもしれない。

寮もいらないし、図書館もいらないし、本もいらないし、車もいらないし、、、、

これから人は、どんなことのために、お金を使うようになるのかな?
[PR]
# by habuya-ruriko | 2009-02-15 12:14 | Comments(0)