はあぶやルリちゃんの日常生活の紹介です!


by habuya-ruriko

才能

才能は、引き出されるものなのかな。

もう時間も無いし、誰かにやってもらったほうがいいかな、ってふうに思っていたけれど、やはり

それは間違いだったかもしれない。

自分のいまだ引き出されていない能力、才能、引き出してみよう! と思うに至った。

そうなると、俄然、自分が好きになってきて、、ついでにそばにいる夫も好きになってきて、、、

こんなものなのかな、人間関係って。

NHKの人生自分流で、熱を入れて説明した「畑論」、今頃になって、あれで良かったんだ!って

ことに、理論って、それが実証されるまでに、かなり時間がかかる、経験上。

どのくらい時間が残されているのかな?って考えていて、、アッ、それこそ、「過去、現在、未来」の

順番、おもしろくならない法則にはまってしまうかも。

昨日、発見した、「未来、現在、過去」、この順番で生きたほうが、豊かに生きられるかも。

「小芝さんは、いつも夢、夢ってたずねるけれで、何か意味があるの?」、たびたび問われる。

私も、なんでかな?ってところだったけれど、、、それは、

きっと私、未来にいるんだ、未来からやってきているのかもしれない。

きっとそうなるに違いない!何の確証もないけれど、未来の私が脳の中に映像化されていて、

それを見るたび、ホホホホホ、、、って笑っていて、、、

たとえば、森の中、仲間(人間も昆虫も猫もライオンも)と、日々を分かち合っていて、、

美味しいスープと自分達で作った野菜をパリパリ食べていて、、、

時にケンカしたり、たたえあったり、泣いたり、笑ったり、、、

笛を吹いたり、スケッチしたり、、、

そんな日々を過ごしている自分が、ありありと見えてしまう、、、そんな未来の映像。

未来が一番先に来る順番でいくと、まず楽しい。

反対のコースで行くと、現実、こうなったのは、、、過去がこうであったからで、、、それで、、、

あまり楽しくはならないものだ。

お金があれば、幸せになるんだ!なんて勘違いしてしまうと、、、それはなぜそうなるかというと、

お金があると幸せ、という過去の記憶があって、まず過去ありきの順番だから。

だが楽しい未来も、努力あってのこと、ナマケモノには、苦しい未来しかない。

そう思えるようになった自分に出会えて、嬉しい、チョー嬉しい。

今日やることは!

ここから始まる!
[PR]
# by habuya-ruriko | 2009-03-09 09:40 | Comments(0)

木を見上げる暮し

今日も、家の周りの木々を見上げていて、自分は小さい生き物だなーと、しみじみ思う。

数年前、数回行った、カリフォルニアのセコイアで、樹齢4000年の木々に囲まれて、

人間が地上でいかに小さい存在なのか思いしらされた。

誰かのことわざにあったけれど、地球でのウイルスが「人間」、本当かもしれない、と

その時、思った。

ワルサばかりしているのかもしれない、儲けようとして。

木々に囲まれて暮す生き方に舵をきったけれど、簡単なようで難しい。

私の中にある「欲」のせい。

すっきり落として、すっきり暮す、地球に迷惑のかからないように。

どういう暮しなのかな?
[PR]
# by habuya-ruriko | 2009-03-08 08:06 | Comments(0)

94歳からの余生

奈良市にお住まいの「小幡ヨシノさん、94歳、無職」の方の新聞の投書を読んでいて感心した。

「私は94歳で、もう若さとは無縁ですが、、、、」に始まって、「皆様、どうぞよろしくお願いします。」で

終わる文章、感動した。

この方の言葉を紙面で報じてくれる新聞社にも感心した。

世はおしなべて、便利、ラク、お金、名誉、利権、、、これらが蔓延。

もう何も見たくない、聞きたくない、読みたくない、ってなふうに陥りそうだが、これからはこれだ!

生きている期間がちょっと先輩の我々の言葉でも、想像以上に深いものがあるのかも。

今朝、私は、ヨシノさんの言葉で元気づけられた、とても元気づけられた。

ありがとう!

小幡さんと新聞社!
[PR]
# by habuya-ruriko | 2009-03-05 09:22 | Comments(0)

夜の過ごし方

夢に向かってGO! したものの、必要なものは、まず真っ先に「お金」だ。

それであれこれ考えていて、昼間に考えるだけだったら良かったのに、夜にまで持ち越して、、、

眠れなくなってしまった、、、1時間ほど、、、、

隣の夫は、安らかな寝息をたてているというのに、、、

商工会に提出する領収書などをまとめていた昨日、会計係の彼、ようやっと終わったのか、

「ルリちゃん、明日の晩は、カンパイだね!」と嬉しそう。

明日で彼の仕事はキリがつくらしいが、私の4月からの任務は始まるわけで、いかにして

この恐慌をのりきっていって、夢に向かえるかだが、私の場合、霧(キリ)に包まれている、、、

それで昨晩は、夜の魔の未解決ゾーンに突入してしまった。

夜に、お金のことは考えない方が良い。

良いアイデアは浮かばなくて、反対に暗いほうに悪い方にと、考えは向かいがちだ。

フツウは、「明日はカンパーイだね!」って発想は起きないものだ。

それで今日から心を入れ替えることにした。

夜の過ごし方は、夜なべ仕事にしよう。

靴下をつくろったり、布団を縫ったり、、、昔、母親がやっていたようなこと。

あれって夜の過ごし方にはいいかもしれない。

動作が入ると、脳が悩めなくなるようだから。

ウツの人を元気にする方法は、だから、夜には考えさせないようにすること。

昼間、身体を精一杯使って、、夜はコテンと寝てしまうか、、、それとも夜なべ仕事か?
[PR]
# by habuya-ruriko | 2009-03-04 10:42 | Comments(0)

1400字の英語論文

この世に、やっぱり神様はいらっしゃるのかなー!

つらい時の神頼み、しょっちゅうやっている私だが、そう思えることが又!

やっぱりハーバードの研究費に再チャレンジしてみよう、ということになった。

論文の論主は、やはり教育に関すること、それに決めた。

この頃、つくづく思うことが、やはり教育は、自分の教育から始まるなー。

衣も食も住も、今、自分がどのように暮しているか、そこから始まる。

理想論をいくらぶちまけても、しょせん、論だけ、真にはなりえない。

自分の場所で、こつこつ創り上げていくことが一番だが、これがなかなか難しい。

テレビなどで、超美しい場所や暮らしやすそうな所を見ると、「ああーー!」と感動して

行きたくなるけれど、そこは、しょせん、他の人が作った場所だった。

教育も同じかな?

原点は自分、自分を自分がいかに教育していくか、ここから始まるかな?

子育てもそうだったかな?

自分を成長させることが大切、日々、フンガフンガ言いながら、そうすれば本当に楽しい時にも

出会えるわけで、、、そうすればそれを見ている子供達も成長するわけで、、、

大切なのは、フンガフンガ言える自分の目標を持つこと、これがないと、フンガフンガも無くて、、、

そうすると子供や夫に期待することが仕事のような魅力のない人になってしまいがちで、、、

旅をするのは大切だ、自分をよそから見えるから。

こんな自分だったんだ、いつも他人のせいにしていたけれど、、、やっぱり私は、、、アホだ!

アホに気が付いて、只今、ちょっとでもアホでなくなろうと、自分の場所作りに精を出している。

大きな目標を持って!

神様は、絶対いらっしゃる、かも。

目標のゴールに、1ミリ近づいた!
[PR]
# by habuya-ruriko | 2009-03-03 10:18 | Comments(0)