はあぶやルリちゃんの日常生活の紹介です!


by habuya-ruriko

よもぎクッキング

これから出始める「よもぎ」、日本のハーブ!

よもぎは、漢方では、ほとんどの病気に利用されるほど、薬効の多い薬草です。

ミネラル、ビタミンが豊富で、整腸作用が大きく、便秘にもよくて、また、臓器の機能を正常に保ち、

公害物質や老廃物がたまらないように体外に排出し、血液を浄化する効能があります。

ってことで、只今、「よもぎ」 研究中!

4月26日(日) 午後1時から4時くらいまで、我が家で、その研究成果をお見せします。

どんなふうになるのかな?
[PR]
# by habuya-ruriko | 2009-03-19 11:04 | Comments(0)
「人は得ることで生活を営むことは出来るが、人に与えることで真の人生を生きることが出来る」

ウインストン・チャーチルさんの言葉である、なかなかいいなーと。

世界に通用する絵本とか、世界に通用するリコーダー奏者とか、いろいろ夢見ていて、、その前に

生活だよ!って現状があるから、与えられるもの探しもたやすくはない。

毎年、凍える冬の時期があって、経済的に。

だがこの凍える冬の時期のために、「暮らし方」を研究しておいたので、今年もクリアー出来た。

物を粗末に扱わない、古くなったものでもその古さを活用して、、

身辺にスペースを作り、創造する、たとえば野菜や庭や小屋など、これでバッチリ蓄えられる。

退屈しのぎの時間を作らなくてもよいようにする、退屈になると、とにかくお金がかかるので。

退屈にならなくなった、夢を昼間も見ることが出来るようになったから。

今朝、ハーブランチの団体のお客さんから電話があった。

来週から凍える冬が終わる、経済的にも。

また春、夏、秋がめぐってくる。

今度来る凍える冬のために、今年は、何を学んで用意することになるのだろう。

エマーソンさんの言葉のように、

「健康と自由な一日を与えられれば、帝王の栄華も馬鹿らしく思われるほど幸福になれる」

そんな一日を、どのようにして?
[PR]
# by habuya-ruriko | 2009-03-18 10:44 | Comments(0)
人生を変える良い本に出会えそうだ。

その本のタイトル、「不思議の国のトムキンス」

しがない銀行員で、ハリウッド映画大嫌いのトムキンスが、映画よりもっとおもしろい時間を

過ごせるのはなんだろうと思って、ある大学の現代物理学の連続講演に出かけ、、、、、、、、、、、、

「我々の住むこの空間は、、、、それ自身において閉じ、、、、加えるに膨張しつつある、、、」の

ヒゲ博士の言葉に、何がなんだかさっぱりわからなくなって、、、家に帰って毛布を被って眠り込んだ

ところ、、、

からのストーリー、いまだ手元には、その本はないのだが、検索して出てきたその本のあらすじと

挿絵を見たとたん、なんともいえない感情に包まれてしまった。

一般相対性理論、量子論を、一般向けに分り易く解説してくれているようだが、こんな本に出会った

ことがない。

中学生期に入る頃、眼に悪いからと読むのを禁止されていた本、押入れに隠れてこっそり読み続けて

いたそれまで、ある日、どう思ったのか、勉強して良い点数とって、、、そのためには、こんな本を読む

のはもうやめよう!とばかりに、本は教科書や参考書、受験英語とか日本史とかに切り替えて

しまって、それ以降殆ど読書タイムとることは無かった。

しかし、この不思議な本に出会って、続けよう!と思うに至った。

「物理学」

辞書でひいてみたら、時間や空間を含めた自然を構成する物質や自然界の多様な現象を研究し、

その仕組みや法則を明らかにする学問、とある。

自然はいいなー!だけで過ごしていたら、やはり本質にはせまれない。

そうだ、これからは物理学かもしれない、私に欠けていたものは。

ところで「不思議の国のトムキンス」の改訂版でない、もともとの英語版の本、どうしたら手に入る

のかな?

ビルやカレンに聞いてみようかな?
[PR]
# by habuya-ruriko | 2009-03-17 10:29 | Comments(0)
誰もやってないことをやる、これが一番楽しい。

考えることは誰でも出来る、問題は実行力だ。

真剣になればなるほど、時間もお金もかかるので、たいていの人は、止めてしまう、というより、

けちくさい根性のせいで、なんとかかんとか理屈をつけて回避、ラクを選んでしまう。

ラク選択に実りはない、のちのちまでそのつけがでてしまうのが現状、いやになるほど実例を

みてきた。

であるからして、誰もやってないことにこだわるのがいい。

今、一分間、一分間が楽しい、なんでだかわからないが楽しい。

私が好きなことは、「教える」という言葉の意味を探っていくこと。

ツールが絵本だったり、リコーダーだったり、語学だったりといろいろだが、結局、誰もやっていない

「教える」の教室作りなのかもしれない。

場所は、、、誰もやっていない場所。

それって何処?
[PR]
# by habuya-ruriko | 2009-03-16 09:50 | Comments(0)

続けることが、才能!

続ける、これが才能!

しかし、続けられるには、その人が本当にやりたいことでないと、たぶん続かない。

本当にやりたいことは、子供の時に、そうありたい!と願ったことかな、と。

自分の場合、野原満杯の東京が、どんどん都市化されていって、、、

大人を恨んで、、、というのは、私の大好きなチョウや蜂が舞っている原っぱが、

一夜にして無くなっていってしまったから。

都会がだいっきらいになっていって。

都会には、何もない! そう思う子供だった。

それで今は、大好きな場所って?をスローガンに子供の頃の夢を構築中。

続けると、欠けているところが、少しづつわかってきて、それで昨日よりも良くなる。

リコーダーを吹き続けているのも、世界に通用する絵本作りをコツコツやっているのも、

幼い頃の夢の延長上、だから続けられる、ってことは、才能がある?

こんなことを考えて、今日もウキウキガタゴト動いているのだが、

一番いいことが病気になりにくい、これは確か。

心が動くと、身体が動いて、血流が良くなって、、、ヤマイも近寄らない、と思う、今のところ、、、
[PR]
# by habuya-ruriko | 2009-03-14 10:54 | Comments(0)