はあぶやルリちゃんの日常生活の紹介です!


by habuya-ruriko

<   2010年 06月 ( 22 )   > この月の画像一覧

今朝は、早くからサッカー観戦、ハラハラドキドキ。

負けてしまったが、よくがんばった!と思う。


今日は、こちらに来て、3週間目に突入しているが、今、読んでいる本、

「3週間続ければ一生が変わる」が、とてもおもしろい。


北米、カナダで100万部のベストセラーになったもので、「あらたな習慣を身につけるには、

約3週間かかるとか、でも、ほとんどの人は、ポジティブな生活の質を作り出すことを、最初の

2,3日であきらめてしまいます。古い行動を新しい行動に変えるときにはつきものの、ストレスや

苦痛に耐えられなくなるのです。、、、、、、、、、、、ロケットが発射直後の2,3分で使う

燃料は、その後に飛ぶ50マイル以上の距離で消費するより多いのとおなじで、最初の21日を

乗りきれば、あらたな習慣を身につけてすすむのは、想像していたよりはるかに楽なことに気づく

でしょう。、、、、、、、人生の質は、習慣の性質によってほぼ決まるのです。」


この著者の言うことが真実とすれば、私も1週間後には、新しい習慣を身につけられて、人生の

質が高まるということになる?

私の場合、2週間過ぎた今、だいぶ以前の習慣と異なってきた感がある。

昨日までは、なんともいえないストレスでフーフー言っていたことも、時々あった。

今までなら、あたりまえの習慣だったものから、新しい習慣への移行は、変化に抵抗し、現状を

維持するように、遺伝子的にプログラムされているようで、なかなか難しい。


しかし、今日は、ちと違う、だいぶ、心が平静になってきた、楽しく過せるのだ、今を。

これから楽しみ!

明日は、ジェインちゃんの実家、フレズノに行く。

そこで肖像画の先生に出会うことになった、今、肖像画にはまっている。

昨日、絵のクラスで、「ルリ子は、ピープルを描くといいよ! そこに才能があるから!」とか

言われちゃって、すぐその気になって、、、ジェインがまた行動が速くて、すぐ先生を探してきて

くれて、、、明日かあさって、会えることになって。


肖像画を描くことが、そのうち習慣になるのかな?


来月は、息子も、一流中の一流選手や俳優達が集まる、ESPY Awards(エスピー賞}に

参加の予定とか、昨年の映像を見ていたら、ベッカムなどが集合していた、おもしろそう!

私も行きたいなー、息子の新しい習慣が、うらやましーい! 今は、、私だって、、そのうち、、


将来、病気になったらとか、ローンが返済できなくなったらとか、もう少しお金を貯めてからとか、

いろいろ考えていた時期もあったが、そんな習慣から脱却できそうで良かった!

新しい習慣が身につくには、、、あと1週間たらず、、、がんばりまーす!
[PR]
by habuya-ruriko | 2010-06-30 04:07 | Comments(0)
今日は、絵のレッスン、終わってから、クラスの御婦人の自宅に誘われた。

彼女の描いた絵を見せてくれるとか、喜んでついていった。

歩いて5分もかからないところにあるのだが、彼女、心臓が悪いのか、ゆっくりゆっくり

歩かれる、アメリカ人は、むちゃくちゃ歩くのが速いのだが。

コンドミニアムだった。

1ベッドルーム&リビング&キッチンのこじんまりしたものだったが、値段は、3000万円

ほどだとか、ここロングビーチの家の値段は、どこも高い。

腰の曲がった御主人が、一人、テレビを大音量で見てられた。

「夫の趣味は、テレビを見ることなの」と、奥様、いずこも同じようだ。

「耳が悪くてね、、、、」

うかがえばいろいろお話してくれそうだったが、御主人がいらっしゃるので、絵だけ見させて

もらうことに。

それはそれは、素晴らしい油絵だった、その数、100点は超えていた。

なぜ、こんなに描ける人が、クラスに入っているの?

いろいろ説明してくださったが、、、むずかしかった、、、


御主人が海が好きなので、ここに越してこられたとか、そういう老夫婦は、多いらしい。


仲良さそうな御二人を見ていて、私も夫に会いたくなった。

「来て!、来て!、来て!」の私の電話に、

「無理だよ、、、」の夫。


あーあーあー 会いたいなー!
[PR]
by habuya-ruriko | 2010-06-29 10:58 | Comments(0)

15日目 残りの人生を!

ここロングビーチを訪ねてきて、本当に良かった!

三十数年前、三年半ほど住んでいたのに、その頃は、子供達の世話に追われていたせいか、

何も見ていなかったようで、年を重ねた現在、見るもの聞くもの、すべてが新鮮!

おまけに、息子達のおかげで情報がどんどん増えて、それも視点の変化の一因かもしれない。

今日も、朝、息子が、仕事に行く前にお金をくれて、、、


あー、よかった!

意を決して行動して良かった、マウンテンバイク、こげるようになったし、ドル札もらえるし、

昨日は、大邸宅の「オープンハウス」に立ち寄って、一億数千万円の内装も拝見することが

出来たし、と、いろいろ体験できた。


日本に居続けたら、きっとこんな機会は無いだろうから、やっぱり動いたほうが良いかな?

65歳の現在、80歳までだったら、あと15年、90歳まで生きられるとしても、25年。

ちょっと前に、50歳だったような、そんな感覚になってしまうほど、ときが速くたつこの頃、

動かなかったら、感動する機会も少ないかもしれない。


あー、良かった!

とはいっても、動けば苦労はつきもの、だが、、、

「トラブルを偉大な教師と見なす」

「時間を価値あるものに集中して使う」

「自分から運命を引き寄せる」


今日は、絵のレッスン、自分のプロジェクトを持って、、、行ってきまーーす!
[PR]
by habuya-ruriko | 2010-06-29 01:36 | Comments(0)
初めてマウンテンバイクに乗って、ビーチサイドをぐるぐる回ってみた。

自転車に乗るのは、数十年ぶり、最初はとても怖かったが、最後は、スーイ、スイスイ!

ヨットハーバーには、お金持ちのヨットが沢山あった、係留しておくだけで、かなりのお金が要る

とのこと、それほどおもしろいということなのかな?

埠頭で、鯖やイワシを釣っている人達もいた、たいていが、メキシコ人かアジア人。

魚をさばける所で、皆さん、慣れた手つきで、魚をさばいていた。


ここアメリカは、貧しい人もそれなりに暮らしていけそうだし、金持ちは、とびきり面白そうな

体験も出来そうだし、、、不思議な国だ。


今日は、初めて、写真をアップします、息子が全部してくれました!

a0115551_8395389.jpg
a0115551_8401481.jpg
a0115551_8403056.jpg
a0115551_8404959.jpg

[PR]
by habuya-ruriko | 2010-06-28 08:41 | Comments(2)
今日は、お嫁ちゃんのジェインが仕事なので、息子と二人で、ドライブ!

行き先は、サンタモニカ、マリブ、レドンドビーチの高級住宅街、将来住む物件探し?

数年後には、豪邸を買う予定だという息子、それをマジに信じる母親の私、おっかしな親子だと

皆さんには思われているようだが、、、


だがアメリカでの暮らしは、想像以上にシンプルで豊か、楽しい。

仕事は仕事と割り切っているから、6時には、皆さん御帰宅、質素な夕食だが楽しそう!

土、日曜は、海や山で、親子、恋人そろって楽しく過しているようだ。

お金もかからない、息子のところは、水道代は、ただ!

家賃の中に含まれているようで、どれだけ使ってもよいらしい。

電気代は、2000円程度、あんなに電気つけっぱなしなのに?

今日のランチのために寄ったスーパーでの丸焼きのチキンの値段の安さ、800円!

肉の塊一つ買ったら、一、二週間もつだろうから、食費は、かなり安くおさえられるだろう。


アメリカ生活もいいかな?
[PR]
by habuya-ruriko | 2010-06-27 14:48 | Comments(0)

12日目 夏時間

15日に、ここロングビーチに来てから、一度も雨が降らない。

朝は、曇っているようでも、昼前には、晴れ上がって、夜8時過ぎでもまだ明るいかんじ、

どこから水が来るのかな?とちょっと心配になってくる。

明るいうちに仕事をし、夜は早く寝るようになるため、アメリカでは、Daylight saving time

(夏時間のこと)を取り入れている。

現行の時間に、一時間加えたタイムゾーンのこと、冬には、3時だったのが、現在は、4時、

だから日本との時差は、現在は、マイナス16時間となっている。

今、夕方6時半、日本は、翌朝の10時半かな?

いまだ時差で、夜はなかなか寝付けないが、そのうちどうにかなるのかな?
[PR]
by habuya-ruriko | 2010-06-26 10:38 | Comments(0)
今日は、ボイストレーニングのクラスに参加した。

とても有意義なものだった。

声を出す前に、心を明るく!明るく!と、、、そうすると腹式呼吸になって、伸びやかな音が

出るようだ。

笑顔!を大切にするアメリカ人、その意味が少しわかってきたような。


5ドルしかもっていなかったランドクルーザーのマーブが、超お金持ちになったのは、

彼の底抜けの明るさにある?

「どうしてそんなにマーブは陽気なの?」の私の問いかけに、にこっと笑って、人差し指を

一本立てて、「人生は、一度きりだろ」の彼。

その笑顔が、実に美しかった。


明るくなると、金持ちになれるのかな?

いや、そのまえに、ボイストレーニング!
[PR]
by habuya-ruriko | 2010-06-25 08:10 | Comments(0)
今日は、ロスの北にあるマーブとケイの家に行った。

トヨタのランドクルーザーの部品を売っている会社の社長夫妻だが、そのパワフルさ!!!

広い敷地に何十台もランクルがあって、部品も広い工場にたーくさん、日本の古い車も一杯!

眼が回るほどあちこち案内してくれた。

家は、山の上にあって、週末に行く別荘も他にあるとか、そこには、次回連れていってくれるとか。

今日行った家も凄かった、車が十台位、あって、、、ゲストハウスも素晴らしいのが庭にあって、

アメリカの金持ちの大きさには、あらためてびっくりした。

大きな木の下での久しぶりの会話の楽しかったこと、楽しかったこと、大きな真っ白いフーディー

という犬と芝生の上にねっころがって、、、枕代わりに彼のおなかの上で眠ってみたりして。


ひとしきり楽しい会話のあとは、夕食タイム、韓国人が料理人の寿司屋さんに連れて行ってくれた。

味は、アメリカ人向きのものだったが、それなりにみんな美味しかった。


マーブとケイは、今までに会ったアメリカ人のうちで、一番大好きな人達、明るくて優しい。

なんとなく話があって、笑うところが同じなのが嬉しい。

マーブは、昔、不良だったとか、なかなかおもしろい経歴の持ち主だ。


私が日本に戻る日までに、必ずゲストハウスに泊まりに来いと言われた。


ぜったーい、行く!

「ルリ子は、日本人じゃないね、本当にユニーク!」と言われた。

喜ぶべきか、どうか、まーいいか、マーブとケイとは、いつまでも友達でいたいから、なんと

言われても、OK!
[PR]
by habuya-ruriko | 2010-06-24 16:06 | Comments(0)

9日目 A+(A プラス)

私の描いた鉛筆画をジェーンに見せたら、なんと!すっごく驚かれた。

Aの上にちょこんと書かれてあった+は、プラスということらしくて、これは、最高点の時に

つくものらしい。

Aプラス、Aマイナス、Bプラス、Bマイナス、、、、、、、最後は、Zもあるらしいとか。

それじゃ Aプラスってことになると、、、


「私は、天才だった!」

しかし天才も努力を怠れば、天災になりかねない。

それで、今日は、歩いていける所にある美術館に行って、飾られる絵画ってどんなもの?

と調査に行ってきた。


結果は、無知は恐ろしいものだ、「なーんだ、たいしたことないな、、」ってことに。


だか研究はしなくては!

帰りの道は、ビーチ沿いにして、木陰で、ヤシの木を写生した。

楽しかった!!!
[PR]
by habuya-ruriko | 2010-06-23 09:00 | Comments(0)

8日目 光と影

今日、初めて、公園の中にある公民館のような所でやっている、絵のクラスに出席した。

どのようなことを学べるのかまったくわからず、とにかく行ってみた。

歩いて15分の所にあるので、気分良く到着、なかなか気分が良かった。

が、誰もいない、、、待つこと十数分、、、時間は過ぎているが、シニアの御夫人がいらして

ようやく絵のクラスがあるということは本当だということが判明して、ほっとした。

息子達が授業料は払ってくれてあったので、私は気楽に参加できて、ラッキー!


かなりお歳の女性が先生だった。

スケッチブックと鉛筆二本しか持っていかなったのに、それはそれは親切に私に合うような

教え方を通して下さった、それはそれは、凄い指導法!

12時から3時までの数時間で、私は、彼女のとりこになった。

とにかく凄い凄い先生だった。

私は、鉛筆で人を描くというものだったが、他の人は、水彩、アクリル、油絵と好きなものを

描いていいのだ。

自由に自分で何でも選択できる、いやしなくてはならない、そうでないとほっておかれる。

私は、初めて絵を描く、いや、鉛筆で人を描くということを学んだ、本当に初めて!

今までいつもつまらなかった、いつも自由でなかったから、、、


初めて一生懸命、描いた、表現した、、、というかんじ。


こんなところでと、、鉛筆を置いた時、本当にどっぷり疲れた!

先生に、「疲れたー!」と言ったら、腰の曲がった先生、見に来てくれて、

「すっごい! 素晴らしい! たいしたもんだ!、、、」と言ってくれて、本当にお顔も

真剣そのもので、、、(オーバーではありません、たぶん、、)

周りの生徒さんも、「すっごい!!!」と言ってくれたので、アメリカ人のほめすぎ文化だけ

ではないと思う。

先生、すぐに紙のはじっこに、「A」と書いてくれた、たぶんAは一番良いと思うのだが。


ジェーンが帰ってきたら、聞いてみよう、このスケッチが本当に良かったのかどうか。


今日の経験で、そのあとの景色が突然変わった、すべて新鮮に見え始めた。

ビーチを散歩していても、昨日のそれとは、全く違って見えるのだ。

そう、「光と影」というものに気が付いたのだ、突然に。


とにかく素晴らしい師に出会えた!

今日という日に感謝!!!
[PR]
by habuya-ruriko | 2010-06-22 12:03 | Comments(0)