はあぶやルリちゃんの日常生活の紹介です!


by habuya-ruriko

<   2009年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧

このところラベンダー石鹸が売れる、どうしてかな?とやっていて、気が付いたことが、

それが自家製、手作りというところ、かな?

食べ物でも化粧品でもアレルギー症状が出てしまう体質の私、だから何が入っているかわからない

ものには要注意。

石鹸もなかなか肌に合うものがなくて、、、それで手作りということに。

おすそわけビジネスと称して、余分に作っておいて、棚にのせておいたら、意外に売れてしまう。

一度使った方が、意外にまた買いにきてくれる、意外な反応!

今日は、夏休みとあって、お孫さんを連れて「ラベンダー石鹼作り」にも参加してくれる方々が。

それで、今朝は早く起きて、その準備に追われていた。

自分で作ってみると、いろいろ考えなければならないことが派生してくるので、それも、おもしろい。

儲けるためには、どんなことでもやってしまう、このご時世、手作りは時代の要請かもしれない。

熱湯と、ラベンダーと、はちみつ以外、何も入れないヤシ油の粉をこねてこねて、、、、

一人でやっても楽しいが、今日は、みんなでやるからいっそう楽しくなるにちがいない。

お孫さんの夏休みの良い宿題になるかな?
[PR]
by habuya-ruriko | 2009-07-29 08:51 | Comments(0)

竜巻と穴の家と大工道具

小学生の時、東京もかなりレトロで、一番印象的だったのが、友達の住む穴の家。

おばあちゃんの原宿と言われる巣鴨、そこにあった彼女の家、「えっ、ここに住んでるの?」

子供ながらビックリした、そんな時代、

それからあっちもこっちも舗装して、あの穴の家はどうなったのかなー?

遠い景色と思っていたが、いや、まてよ、と。

この頃の日本に頻繁に起こっている竜巻、車は宙を舞うし、家は剥がれるし、、、

山の多い日本、土砂崩れもヒンパンに起っているし、いよいよ地球が怒りはじめたのかも。

他人事とは思えなくなってきた。

それで、昨日は、大工仕事を再点検した。

この重たいハンマーで、まず、、、、、、でも、実に重かった。

それで、、ハンマー操作より体を鍛えることが先か?と。

小屋一軒建てられるぐらいの道具は揃っていた、ちょっと、安心!

だが、夫にばかり頼ってはいられない!

以前、二百回位、一輪者で土砂を、一人で運びきった私だもの、その気になりさえすれば、

今からだってOK.

足も腰も口も達者で良かった!

備えあれば憂いなし、I hope so!
[PR]
by habuya-ruriko | 2009-07-28 08:51 | Comments(0)
「はあぶや」で検索すると、我が家に関してのブログが、どっさり出てくる。

その一つに、稲田塾「夢ゼミ」

今月7日に、ハーブランチに来られた方のブログのようだ。

その日の夫と私のことを書いてくれている、かなりお褒めいただいている、ありがたい!

自分で自分は全くわからない、そんなんだから、このように評価されていることを知ることが出来る

ブログの存在、ありがたい!

いろいろな方達と出会って、いろいろ考えさせられて、次の行動への原動力になる「はあぶや」経営、

やり始めて、良かった!!!

玄関のドアーを開けておけばこそ。

人への信頼感がなくては出来ない。

信頼というキーワード、最高に大切にしたい。
[PR]
by habuya-ruriko | 2009-07-27 10:33 | Comments(0)

10年後の私

壁に、「3つの目標 by Ruriko 」と書いた大きな紙を一枚、貼り付けた。

一つ、なになに 二つ、なになに 三つ、なになに。

明日の日は、わからない、在るか無いかも、わからない、と思っていたが、こんなかんじでいたら、

なんとなくむなしくなってきて、、、ヤマイは気から、を実体験できた!

それで、10年後の私を夢見ることにした。

そのためには、目標が必要だった、それで、2009年度版を書いてみた。

目標値設定!となると、これが見事に、脳や心を活性化させてくれて、下痢症状、メマイ、耳鳴りなど

のヤマイっぽい体を、元気っぽい体に持っていってくれることに。

もちろん、その前に、私の人生の道を歩いている時に、偶然出会ったような Good Partner の夫

との対話があり、それでなにもかもがスキッとしたということはあるのだが、、、

その上で、10年後の自分に出会うべく、目標値設定ということにあいなった、のかな?

一日24時間では、足りなくなった、チョー、忙しくなった、また、あれもこれも、それもどれも、、、、、

但し、人に合わせなくてもよい目標なので、結構人に合わせてしまうキャラの自分には、忙しくても

楽しい!

私の短所は、人に合わせすぎること、一見、そう見えないタイプだが、本当はそうでもないようだ。

そんなこと考えなくてもいいようなことまで気付いてしまって、、、そのあと、心が悲鳴をあげるようだ。

もちろん短所と長所は裏返し、どちらも在ってあたりまえなのだが、これを如何にバランスよく配置

するか、これが知恵。

なかなかそれを手に入れることが出来ない。

それで目標値を設定したら、だいぶ、バランスよく動けるような、そんなかんじに。

       待っていてねーー、10年後のワタシさーーん、会えるのが、と、て、も、楽しーみ!
[PR]
by habuya-ruriko | 2009-07-26 09:21 | Comments(0)

結婚とは?

結婚とは? こんな問いかけを自分にしてみた。

結婚制度も、時代と共に様変わりする、それで今の結婚って?

自分の場合は、いつも一緒にいたいか、いたくないかで決める。

数年前、夫婦関係のとても良いアメリカ人の御夫婦に出会えて、夫も妻もとても魅力的!

彼女が見せてくれた絵本が、「ハグ」、いろいろな動物達の親子がハグしあっている絵本だった。

ハグって? そんなに大切?

彼女は、夫といつもハグしあっていた、かなり激しい夫婦間の論争がたびたびあっても、

いつのまにかハグしあっている彼ら。

これが結婚か! その時感じた。

昔の結婚制度は、家制度の上に成り立っている。

家制度の良し悪しは、その人に任せるとして、現代は、そこからだいぶ進化していると思う。

本当に仲の良い夫婦になりたい。

かつて、登校拒否児童の親達に欠けていたのが、夫婦仲の良さ、真の意味で、愛し合っている

ようには見えなかった。

世間的には、良夫、良妻にみえないこともなかったが、子供達に聞くと、全員、NO! だった。

楽しそうには見えない親達の関係、敏感な子供ほど、それに気付いて、傷ついていくように見えた。

それで世間的には、恥知らずに見えるような夫婦関係を、私達は選択した。

「皆の前で、、よくそんなことが言えるわねー!!」 とヒンシュクをかうこともあったが、昔の長屋の

クマさん夫婦には、登校拒否児は生まれないものだ。

今、ぶっちぎれるようなケンカをしていたかと思えば、急にハグしあって、、、そんな結婚生活だ。

この世に生を受けたからには、十分生きたほうが良い、どの人もこの人も。

生きていくことは、おもしろいがしんどーい!

しんどーい時に、ヘルプしあうのがパートナーである夫と妻、結婚が必要になる。

ハグしあえる関係の時、人は、安心することが出来る、人も動物だから。

あの時わからなかった「ハグ」の絵本のテーマ、私もだいぶいろいろ学べたから、これからも夫と

良い関係を構築していくことが出来ると思う。

人生の貴重なひとときを、フンガフンガ言いながら、夫とハグしあって、これからも暮せることに感謝!
[PR]
by habuya-ruriko | 2009-07-25 13:13 | Comments(0)
お嫁ちゃんが置いていってくれた、「The Daily Yomiuri」 の中の、35枚に及ぶドナルド・キーン

の「私と20世紀のクロニクル」が載っている新聞紙面、何回も読んでいる。

言葉とは不思議なものだ、同じ言葉でも、読みかえすたびに、異なってくる。

一度目より二度目、二度目より三度目、思いもつかなかったことが出てきたりして、、、不思議だ!

英語を母国語としている人と同じように、スラスラ文章を書けるようになること、将来のプロジェクトの

一つ、だから、読むことがとても大切だ。

なんでも満ちるまでには、時間がかかる。

こんなことをして、何になる?

そんな言葉が頭をよぎる時もあるが、それは、逃れでしかない。

「My goal of writing for the general public probably reflected Reischauer's.」

こんなドナルド・キーンの言葉に出会うと、???が噴出してきて、逃れることはない。
[PR]
by habuya-ruriko | 2009-07-23 07:59 | Comments(0)
こぼれ種から、コリアンダーの双葉が、あちこちに顔をのぞかせていた。

セリ科の一年草、古くから世界中で使われているハーブの一つ、青葉と未熟果が、南京虫に似た

強い香りを放っているが、完熟すると甘くおいしそうな香りに変化する。

健胃と駆風(体外にガスを出す)効果がある。

ベトナム料理の生春巻きには、欠かせない食材だったが、フサフサしていたコリアンダーもすっかり

枯れ果ててしまって、、、当分作れないなーと思っていたのだが。

今朝の「ヤッター!」は、格別のもの、というのは、ここしばらく体調不良で元気が出なかったから、

自然の力を見せ付けられて、こうしちゃいられない、私だって!の気分に、本当に、嬉しい。

今朝は、6時に眼が覚めて、それからラベンダー石鹸を作ったり、料理研究をしたりと忙しかったが、

淵のヒラヒラが可愛いコリアンダーの双葉に出会えて、またまた元気百倍、想像&創造の暮しに

戻っていくことが出来た。

ヤマイにとりつかれている時には、想像も創造も出来なかった、やっぱり健康が一番!

「パワフル奥さん、夢のハーブ園」、もう一度戻れそう!!!
[PR]
by habuya-ruriko | 2009-07-22 09:10 | Comments(0)

「共感」という名の薬

「心のドアーを開きましょう!」というタイトルの講演をいろいろやってきたが、言いたかったのは、

「家のドアーも開きましょう!」ということ。

様々な人達が、毎日のように我が家にやってきてくれるが、人と接するということの大切さ、改めて

思い知った。

花や草、空や雲、鳥や虫、こういった自然も、もちろん心を癒してくれるが、それだけでは足りない。

人は強くて弱いもの、時に壊れかかったりという時もある、そんなどうしようもない時、薬のように効き目

があるのが、共感してくれる人の存在。

注意しなくてはいけないのが、こうしたほうがいい、それはだめ、というようなアドバイスをすること。

これは百害あって一利なしだ。

自信が無くなった人に、こうしろああしろと言っても、それは、自信をなくすことに拍車をかけるだけ。

先ずは、聴いて、共感すること、それだけ。

人間間のいさかいは、おさきばしったアドバイスによることが多い。

良かれと思ってやったことでも、他人は自分とは異なるから、誤解が生じやすい。

こうあったほうがいい、と思うことは、自分がやればいいわけで、ホンモノは残るものだから、のちのち

人にも感謝されるということになる場合もある。

叡智のある素晴らしい人は、決してアドバイスなどしない、共感してくれるだけだった。

「答えは自分で出しなさい」、そんなふう。

だが優しい眼差しは、そんな人達の共通項だった。

私もいつか、そんな人達の仲間になれたらいいな、そんなことを緑の木々を見ながら思っている今朝。
[PR]
by habuya-ruriko | 2009-07-21 07:50 | Comments(0)
昨日は、岡山県の「たんぼ笑楽耕」で、実に楽しい一日を過ごすことができた。

家の前に神社と公園のある御自宅で、ランチ教室を開くことになった矢吹さん御夫妻、そしてその

御家族、素晴らしいものだった、どれもこれも。

全てが温かくて、優しくて、御家族のお一人お一人の品格が高くて、、、3歳のお孫さんに至るまで。

玄関先で、「いらっしゃいませ!」とおじぎをしてくれて、、、感激した!

本当にうらやましかった。

将来、ランチだけではなく、「健康教室」もやっていただけるとのこと、楽しみ!

加えて、「家族の輪&和」の作り方の御指導も是非していただきたい。

どうしてあんなふうに和やかにやれるのかな?
[PR]
by habuya-ruriko | 2009-07-19 07:28 | Comments(2)

母からの葉書 6枚目

母からの葉書が届いた、6枚目だ。

前回、母のいる特養に行った際に、私の住所と母の名前を書いておいた葉書だ。

文章だけ書いてね、と言っておいたもの。

文面は、相変わらずのものだった。

「皆さん、元気ですか。 私も元気になってきました。 でも心の中はまっくらです。 早く死にたい

ですが、お父さんもむかへには来てくれませんね、、、、、、」

いつもこの調子、心配になって、近くに住む兄達に電話するが、、、きまって「元気すぎて、、、」の

母の様子に安心する。

今年2月で、95歳になった母、相変わらず周りの人々を少々困らせているようだ。

遠くにいるせいもあるが、生まれてからこのかた、母を嫌いになったことは、一度もない。

言いたい放題、したい放題の彼女だが、幼い頃、母が留守の時には、いつも彼女の浴衣の匂いを

かいでいた、ホッとしたかったから。

そんなだったから、反抗期の時でさえ、母を嫌いにはならなかった、どんなことを言われても。

30代の頃、アメリカに出発する私達を見送りに、空港へ来た母の表情が、今も忘れられない。

手を振ろうとしたら、、、ウワーッと泣き出した母、それにつられて、5歳の娘も大泣きに、、、、、

母を思う時、いつもその光景が浮かんできて、、、だから嫌いにはなれない。

「貴女様、皆さん、幸福にね。 おたより待っています。」 で終わっている、6枚目の葉書。

どんな時でも、母は必ず守ってくれる存在だった。

今度は、私が母を守らなければいけないのに、相変わらず、心配してくれている。

子を思わない日は、一日もない、そんな親の気持。

母の年代に近づくにつれ、子を思う親の気持がわかるようになってきて、、いつもわびている娘の私。
[PR]
by habuya-ruriko | 2009-07-17 07:36 | Comments(0)